不眠症とはどんな状態?

眠れないという不眠症の原因は

 

・家庭や仕事、プライベートで起きている事に対するストレス
・うつ病や双極性障害、統合失調症、あるいは神経症などの心の病
・胃腸や呼吸器、心臓などの体の病気
・悪心や痛み、痒みなどの不快感、夜間頻尿
・その他の病気(概日リズム睡眠障害やむずむず脚症候群)などの病気

 

など、様々です。

 

そしてこれらによって睡眠が阻害されて不眠になり、
あなたが苦痛を感じ、日常生活に支障をきたすようであれば

 

不眠症

 

であると言えるでしょう。

不眠症は主観的な病気

第三者から見て

 

「ちゃんと寝てる」

 

と思われていてもあなた自身が、
不眠で日常生活に支障が出てたら苦痛ですよね?

 

この場合は不眠症と言えます。

 

逆に、第三者から

 

「全然寝てないから不眠症だ」

 

と言われても、あなたが苦痛を感じておらず、
日常生活にも支障をきたしていなければ不眠症とはいえないでしょう。

 

不眠不眠症は別物なのです。

 

客観的には判断することは難しいですね。

不眠症の定義

誰にでも、ストレスや悩みがある時などに、

 

「不眠の状態」

 

になることがあります。

 

しかし、これは一時的なものであって不眠症とは言えません。

 

不眠症の定義は

 

「不眠の状態」が週3日以上あり、それが3ヶ月続いている事

 

です。