不眠症の治療方法

不眠症の治療方法は

 

薬物療法
認知行動療法

 

の2つが中心となります。

 

その他にも体内時計を整えるための光療法などもあります。

 

また、ご自身での生活習慣の改善も重要です。

 

特に夕方以降の過ごし方です。

 

コーヒーやお茶などのカフェインが入ったものを飲まない、
熱すぎるお風呂に入らない、部屋の照明を暗くするなどです。

 

また、他の病気が原因で不眠症が起きている場合は、
その病気の治療が必要です。

不眠症薬物療法

不眠症の薬物療法では、
脳内で分泌される睡眠に関わる物質を
コントロールすることで不眠症を改善します。

 

薬の服用をきっかけに患者さんが

 

「眠れた」

 

と自信がついたり安心できたりする事も期待できます。

認知行動療法

認知行動療法とは心理的な治療です。

 

考え方と行動の学習や訓練をすることで、
不眠症に対する考え方などを変える目的で行われます。