不眠症の薬物療法

脳幹の覚醒のしくみのブレーキをかける働きをする物質は

 

GABA

 

という物質です。

 

なので、寝るためにはこのGABAの働きを高めればよいのです。

 

そのために用いられるのが

 

ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤

 

です。

 

GABAの作用を高める働きがあります。

 

ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤には様々な種類があり、
作用時間の異なるものが作られています。

 

例えば、なかなか寝付けない入眠障害の場合は、
短時間作用型の薬を選択し、中途覚醒や早朝覚醒の場合は、
長期間作用型の薬を選択するといった感じです。

 

また、GABAの働きによって、不安を鎮めることもできます。

ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤の副作用

GABAの作用を高めても良いことづくしではありません。

 

ベンゾジアゼピン系の薬物の作用が強いと、
寝る前後の記憶がなくなる前向性健忘が起こったり、
筋弛緩作用によって起きた時にふらつきが残ることもあります。

 

これらの副作用はアルコールと合わせるとより強くなるので、
十分な注意が必要です。

 

また、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で起こした睡眠は、
通常の睡眠とは異なります。

 

例えば、レム睡眠が少なくなったり、
ベンゾジアゼピン速波と呼ばれる特殊な脳波が現れたりします。

 

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、安全性は高い薬ではありますが、
脳全体に影響を与えるのが欠点でもあります。

 

非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤は筋弛緩作用が少なかいので、
高齢者などにはこちらの方が向いていたりします。

薬物療法について知ってもらいこと

日本人は

 

「依存してやめられなくなるのではないだろうか」
「身体や精神的に良くないんじゃないか」

 

など、睡眠導入剤に対して不安がる人が多いようです。

 

これが理由で、治療中に勝手に減薬したり断薬したりしてしまうと、

 

反跳性不眠

 

といってもともとの不眠症よりも更に重い不眠症になる事があります。

 

そうすると

 

「やっぱり薬がないと寝られなくなってしまった」

 

などと不安になり、その不安がまた不眠症を助長するようになるといった
負のスパイラルに陥ってしまうことも珍しくありません。

 

特に断薬の場合は退薬症状といった様々な離脱症状を引き起こす事もあります。

 

一昔前は、不眠症の治療薬は一生飲み続けるという考え方でしたが、
現在では、適切な期間服用し、状態を見ながら減薬していき、
次第には睡眠薬無しで眠れるようにするという治療法が増えていますので、
睡眠導入薬に対して過剰な抵抗は持たなくても良いのです。