次世代の睡眠導入薬について

現在、不眠症の治療によく使われているのがベンゾジアゼピン系の睡眠導入薬ですが、
ベンゾジアゼピン系の薬は脳の機能全体に影響を与えるため、
新しい薬の開発が期待され、研究が進められています。

 

ベンゾジアゼピン系の後に開発された薬で

 

ロゼレム

 

があり、概日リズム睡眠障害に有効です。

 

ここ最近、期待されている薬は

 

オレキシン受容体拮抗薬

 

です。

オレキシン受容体拮抗薬とは

オレキシンというのは覚醒物質であるモノアミンを作り出すニューロンに指令を送り、
覚醒を作り出す働きを促します。

 

睡眠と覚醒は交互に移り変わる状態で、
細かく分類すると

 

覚醒
ノンレム睡眠
レム睡眠

 

とありますが、オレキシンは、

 

覚醒の状態を保つ

 

事ができます。

 

オレキシンが作られないと、

 

ナルコレプシー

 

という過眠症を発症することがわかった事により、
オレキシンが覚醒のシステムに関して必要不可欠だということもわかりました。

 

逆に言うと、オレキシンが過剰に分泌している状態だと不眠症を起こします。

 

これらのことから、オレキシンの分泌をコントロールすることによって、
不眠症の治療ができるのではないかと開発されたのが、
オレキシン受容体拮抗薬であるベルソムラです。

 

ベルソムラが発売されたのは2014年の事で、
オレキシンの作用を阻害することによって睡眠の導入を早め、
中途覚醒も防ぐという作用を持っています。

 

また、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬と違って覚醒の仕組みに作用するため、
脳の機能全体に影響を与えることが少なく、認知機能や記憶、運動機能などに
悪影響の副作用が少なく、反跳性不眠や退薬症状も少ないことも、
期待されている事の1つでもあります。

 

ただし、注意点としては他の睡眠導入剤から急にベルソムラに変えると、
前の薬の反跳性不眠や退薬症状が起こる可能性があるので注意が必要です。

 

ベルソムラは、現在睡眠導入薬を服用していない患者さんに処方することが推奨されています。