過眠症の種類は大きく分けて4つ

代表的な過眠症は4つあり、それぞれに特徴があります。

 

ナルコレプシー、うつ病に伴う過眠症、特発性過眠症は覚醒の仕組みの問題。

 

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に気道が閉鎖することによって起こります。

 

それぞれの過眠症について詳しく解説します。

ナルコレプシー

ナルコレプシーは、日中に耐えられない強烈な眠気に襲われ、
眠るのが不適切な場面でも眠り込んでしまう睡眠発作が起こる病気です。

 

他にも、突然全身の力が抜けて脱力してしまう情動脱力発作(カタプレキシーや、
寝入りばなに幻覚を見る入眠時幻覚金縛り(睡眠麻痺)の症状があります。

うつ病に伴う過眠症

うつ病では過眠症状の他に、不眠症状も見られます。

 

過眠傾向になっている時は、睡眠時間は充分でも日中眠気を感じたり、
ほぼ一日中眠って過ごしてしまうという過眠症の症例がみられます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に気道が閉鎖して

 

無呼吸

 

の状態になるため、睡眠が浅くなったり、中途覚醒を引き起こします。

 

結果として睡眠の質が下がり、日中に眠気があらわれます。

特発性過眠症

上記の3つには当てはまらないのにも関わらず、
過眠症状がある場合、特発性過眠症と診断されます。

 

原因の特定が難しく、複数の病態が混ざっていることもあります。