健康な人の睡眠サイクル

不眠症や過眠症などの睡眠障害を抱えていない
健康な人の睡眠サイクルでは必ず

 

ノンレム睡眠

 

から始まります。

 

ノンレム睡眠の眠りの深さは4段階あり、
ステージ1から2、3と深くなっていきます。

 

ステージ4が深睡眠となります。

 

入眠から60分から90分後に初めてレム睡眠が出現します。

 

このレム睡眠は数分から数十分で終わり、
再びノンレム睡眠のステージ1へと移ります。

 

このようなノンレム睡眠とレム睡眠の睡眠サイクル(睡眠単位)を
4、5回繰り返して目を覚まします。

 

サイクルの後半になるにつれて深いノンレム睡眠が減っていきます。

 

成人ではステージ3以上のノンレム睡眠は、
最初の1、2回くらいしか現れません。

 

その一方でレム睡眠は後半になると長くなります。

 

このような睡眠サイクルが健康で良質です。

 

中途覚醒したり、レム睡眠のタイミングが早かったり、
深いノンレム睡眠が現れなかったりすると、
不眠症や過眠症などの睡眠障害であるかどうかの判断になります。