ナルコレプシーの治療について

ナルコレプシーの治療は薬物療法になります。

 

治療では

 

・日中の極度の眠気
・レム関連症状

 

の2つに分けて考えていきます。

 

レム関連症状とは情動脱力発作や入眠時幻覚、睡眠麻痺の事です。

 

このように分けるのは、眠気とレム関連症状に有効な薬が違うからです。

 

眠気の対策には、脳の機能を活性化するための

 

中枢刺激薬

 

を使います。

 

リタリンやベタナミン、サイラートなどがそれにあたります。

 

ただし、これらには依存性があり、最近では新薬の

 

モディオダール

 

が多く使用されるようになりました。

 

モディオダールは依存性の問題が少なく、
吐き気や動悸などの副作用も弱いです。

 

情動脱力発作などのレム関連症状には上記の薬は効果がありません。

 

レム関連症状にはアナフラニールなどの

 

三環系抗うつ薬

 

が主に使われます。