特発性過眠症とは

特発性過眠症とは、

 

「他の疾患ではないが、過眠症状がある」

 

場合に診断される過眠症です。

 

わかりやすく言うと、

 

原因がわからない過眠症

 

ということになります。

 

ナルコレプシーや睡眠時無呼吸症候群、うつ病に伴う過眠症ではありませんが、
睡眠時間が充分でも、日中眠くて仕方がなかったりします。

 

特発性過眠症の特徴は、ナルコレプシーのように急に眠気が襲ってくるわけではなく、
徐々に強まり、ナルコレプシーよりも眠気はやや弱めの傾向にあります。

 

また、目覚めが悪く、起床後も爽快感が無いことも多いです。

 

治療法は確立されていませんが、ナルコレプシーと同じようにモダフィニルが処方されたり、
夜間の睡眠の質を上げるために睡眠導入薬を使用する場合もあります。