うつ病に伴う過眠症について

うつ病では睡眠や覚醒に問題がある場合が多く、
不眠症になったり、過眠症になったりします。

 

通常のうつ病では不眠症が現れることが多いのですが、
非定型うつ病では過眠症になることが多いのです。

 

双極性障害(躁うつ病)のうつ状態の際にも過眠症が現れやすいです。

 

うつ病に伴う過眠症については、うつ病の治療がメインに行われます。

 

夜間の睡眠が障害されている可能性もあるので、
睡眠導入剤を使うこともあります。

 

特にベンゾジアゼピン系の睡眠薬は抗不安作用もあるので、
うつ病自体の治療も兼ねることができるのです。